目的

本会は,人間の生活環境を清潔,快適ならしめるため,昆虫および動物の学術的・総合研究の発展ならびに被害防止技術の向上を促進することを目的とし,もって公共の福祉に寄与することとする.

主な活動                                          日本環境動物昆虫学会 ロゴ width=

 2021年2月から2年間、一般社団法人 日本環境動物昆虫学会の会長を務めさせていただくことになりました。当学会は石井 実元会長の時から一般社団法人化について検討をはじめ、吉村 剛前会長が規約や組織体制などの準備を綿密にされ、ついに2021年2月に一般社団法人 日本環境動物昆虫学会が誕生いたしました。一般社団法人化後の私の最大のミッションは、「いかに本学会の運営を、一般社団法人の名の下に、これまで通り、スムーズに運営していくか」であると思っております。折しも、現在のコロナ禍においては、なかなかFace to faceの活動や情報交換が行いにくいという、学会としてはこれまでに経験をしたことのない日々が続いておりますが、こうした状況下においても、Scienceに携わる人間のコミュニティーは、自らの科学的興味・関心、知見・知識、技術により、持続可能な社会の実現と人類の幸福のために貢献できると思っておりますので、活発な研究活動を続けていただきたく存じます。そのためにも、何とか会員の皆様のご希望やご期待に添えるように、学会全体としても活動を盛り上げて参りたいと思っております。どうぞ、ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

2021年3月
一般社団法人 日本環境動物昆虫学会会長
平林  公男

沿革

創立:1988年11月
機関誌第1巻第1号発行:1989年7月
第1回企画委員会主催講演会:1990年6月
日本学術会議第6部(農業総合科学)加盟、広報協力学術団体に指定:1991年5月
第1回環境アセスメント動物調査手法に関する講演会:1991年6月
第1回研究奨励賞授与:1994年11月